外国人技能実習制度のご案内


外国人技能実習監理団体・特定技能登録支援機関



実績に基づいた実習生の研修とサポート

職業訓練法人としての実績を踏まえ、事業所で必要とされる技術の研修を行います。

就業後実習先事業所への定期訪問により、実習生の日本における生活状況や就業先での仕事の状況を、本人と実習先ご担当者から伺い、解決すべき課題をメンタルな部分も含めたサポートを行います。

訪問担当者は企業での人材採用、教育・研修を経験したものが、実際の就業現場を把握し一人一人の対応に当たります。

当協会ではキャリアコンサルタント、産業カウンセラー、メンタルヘルスマネジメントの資格取得者が実習生のサポートを担当します。



コンプライアンスの徹底で高い信頼を

外国人技能実習制度の改定により、技能実習の適正化が図られます。実習実施者については届け出制となり、監理団体は許可制となります

技能実習計画等の作成は、事業の実態を把握し、現場での実際を職業訓練に活かしカリキュラムを作成している者が担当します。

当協会は団体監理型の職業訓練法人として、法律を遵守し適正な運営を行う体制を整えています。

- グループ企業によるサポート体制 -

雇用に関する対応   → SATO社会保険労務士法人

入国管理に関する対応 → SATO行政書士法人

外国人労働者の就業  → 株式会社キャリアバンク海外事業部

給与支払い業務    → 株式会社エコミック

- 外国人技能実習生共同受入事業規約 -

外国人技能実習生受け入れの実績(2021年3月現在)

送出国 実習実施機関 業種 人数
中国 8 介護 26(入職16名・他入国準備中)
ベトナム 1 半自動溶接 13
1 建設関係 4(入国準備中)
3 惣菜製造 14(入職9名・他入国準備中)
1 病院給食 4
ミャンマー 5 惣菜製造 91
3 非加熱水産 54(2名入国準備中)
タイ 1 介護 1

 

Copyright © 2016 キャリアバンク職業訓練協会 All rights reserved